カードローンとは何かを知っておこう

 

カードローンとは、カードでお金を借りることができるタイプのローンをいます。クレジットカード会社では、お金の貸し借りの時にはこのカードローンが使われていますが、最近は消費者金融や銀行でもカードでお金を借りることができるようになっています。このようにカードローンが流行った理由は、カードの中にさまざまな情報を入れることができ、しかもそのカード1枚でお金の引き出しや振り込みができるため便利だからです。通常、カードローンでお金を借りる時は、限度額があります。いくらでも借り入れすることができるわけでなく、その会社が定めた限度額の範囲内でしか借り入れすることができない点がポイントです。限度額と似た言葉に極度額がありますが、限度額は全員に対して適用されるもので、極度額はその人個人にしか適用されないものです。例えば、限度額が300万円の会社があった場合、たとえどれだけ信用されている人でも、300万円以上は借り入れすることができません。

一方で、極度額はその人の年収や信頼度によって額が事なります。例えば、何度か取引きをしている人で、年収が1000万円以上ある人であれば300万円が極度額になる可能性が高いですが、初めて取引きをする人や年収が低い人は20万円が極度額になる可能性もあり得ます。極度額は限度額の範囲内でその会社が自由に定めることができますので、限度額が高くても極度額が低ければ、借り入れをする額は低いままです。ただし、信用を積み重ねることで、極度額を増やすことができます。これも限度額との違いになります。限度額は、いくら信用を積み重ねたとしても、会社が決めた額ですのでそれ以上の借り入れはできません。カードローンを利用する場合は、審査が必要になります。審査は、本人確認と年収がわかるもの、そして信用事故がないことが条件になります。これら三つの条件を満たすことで借り入れをすることが可能です。審査期間は、業者によって異なりますが、早いところは30分程度で済ませることが可能になります。

目的に応じて変わるおすすめのカードローン

 

おすすめのカードローンは、利用者の目的に応じて変わってきます。そのなかでも全ての人におすすめできるのは、低金利のカードローンです。カードローンは便利なサービスですが、唯一にデメリットは利息があることです。利息があるのはお金を借りているの当たり前ですが、金利には差があるので選び方次第で金額は異なります。ですから、低金利のカードローンを選べば選ぶほど利息が減るので、負担が軽くなり全ての人におすすめできます。最近は無利息サービスを提供する消費者金融もあるので、単純に金利を比較するだけでなく、サービス内容も比較しながら決めて下さい。素早くお金を借りたい人におすすめなのは、審査スピードが速いカードローンです。審査スピードはそれぞれで違い、長いと数日かかってしまいます。しかし、最速なら10分ほどで終わりますし、ほとんどは即日融資に対応しています。スピードがあまりにも早いと、丁寧に審査をせずにお金を貸す闇杞憂の可能性も少なくありません。そのため、あまりにも短い時間や名前を聞いたことがないカードローンは、避けるべきではあります。

テレビCMや広告などでよく見かける大手でも審査スピードは速く、最短なら1時間もかかりません。急いでいるときは審査スピードも重要ですが、念のため安全性についても確認しましょう。多くの借り入れを考えているなら、限度額が大きいカードローンがおすすめです。限度額は大きければ大きいほど、借入出来る金額も大きくなります。ただし、宣伝などに書かれている限度額は、誰でもそこまで借りられるわけではありません。返済能力が低いと判断されたら、限度額は抑えられてしまいます。カードローンの限度額が足りなくなっても、増額を申し出れば増やせる可能性もあるので、抑えられたとしても諦める必要はありません。今すぐに多額の借入を必要としないなら、丁寧に返済を行い衣装を良くしてから、増額の申し出を行いましょう。

 

誰もが知っているような消費者金融を利用する場合は

 

平日日中の即日融資であれば、審査でOKが出ればスピーディーに指定の口座に入金してもらうこともできるほか、カードローン用のカードを用いて、自分で借入金を引き出すことも可能なわけです。消費者金融は申込者のプライバシーを尊んでくれますから、お金を借りる時に必要な勤務先への在籍確認に関する連絡も、消費者金融からだと判明することがない様にしてくれるので安心して大丈夫です。銀行によるおまとめローンは消費者金融より低金利で、まとまった額のローンも取り扱っているので便利なのですが、審査が難しく結果が出るのが遅いところがネックです。初の経験で借入を申請しようというような人の場合は、いくらなんでも年収の1/3を越すような融資を依頼することはないと言えますので、スタートラインで総量規制に引っかかるといった事はないと言っていいでしょう。カードローンの借り換えで一番うれしいのは、やはり利息の負担を軽くできることです。一般的に一旦契約を締結したカードローンの貸付利率は、契約継続中はなかなか下げてくれないと考えるべきです。

収入が皆無の方に関しては、総量規制により制約を受けるキャッシング会社からは申請しても借り入れ不可能です。そういうわけで主婦が貸付してもらえるのは、銀行に絞られるというわけです。キャッシングの際に、収入証明書を準備するよう義務づけているのは2007年改正の貸金業法ゆえ、消費者金融でキャッシングをしようとする場合は、収入証明書が要されるのが通例なのです。消費者金融をランキングの形で掲載しているページは数多くありますが、それぞれが何を欲しているのかによって、確認すべきサイトは違ってきますから、その点を明確にすることが不可欠でしょう。総量規制とは、「貸金業者が一般の消費者に過分な貸付を行なわないように!」という意味合いで、「個人の借金の合計が年収の3分の1をオーバーしてはいけない」というように規制した貸付のルールとなります。借金をするということになれば、「自分がカードローンの審査をクリアすることができるか否か」心配な人もいると思います。そのような方に向けて、「審査に落ちやすい人の傾向」をご紹介させていただきます。

消費者金融にてお金を借りることになった場合でも、借入金額次第では収入証明書は要されません。CMを打っているような消費者金融では、原則的に50万円を下回るキャッシングであれば、わざわざ用意しなくていいのです。今の時代キャッシングの申込方法で大勢を占めているのは、Web申込です。何ら難しいことはなく、ローン申込に必要な情報を入力すると既定の審査が行われ、ちょっと待つだけで融資を受けられるかどうかの答えが提示されます。カードローンの審査に落ちる要因として、何より多いのが過去に滞納したことがあることです。借金した件数にかかわらず、着実に返している人は、金融機関の方から見た場合望ましいお客さんであるわけです。誰もが知っているような消費者金融を利用する場合は、申込を入れる時点で「在籍確認は書類で行なっていただきたい」と伝えることで、電話連絡による在籍確認をすることなくお金を借りることが可能になることもあると聞いています。銀行が提供しているフリーローンの最大の利点は、何と言っても低金利であるということです。借入の上限額も高めで、借りる側としても非常に重宝すると言えるはずです。